Event Calendar

<< 8月 2018 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

Member’s Points[P100=$1]


会員の方はログイン後に表示されます。
Member's pointとは?

Member’s Point Ranking

  • 1. Chie <P4520>
  • 2. Yuri Takayama <P1950>
  • 3. Sandy <P820>
  • 4. Makiko Yamashita <P610>
  • 5. Tamaki <P445>
  • 6. YukiAnthony <P350>
  • 7. Mrs.Don <P200>
  • 8. Kanako <P0>
  • 9. Megumi <P0>
  • 10. kaorihime <P0>

Instagram*Follow us!

カテゴリで検索

© All the Ms. Brights All rights reserved.

Women’s News – July 9, 2014

キャノーラ油は、体に良い油として知名度を上げていますが、今回2型糖尿病の患者さんにもお勧めという研究結果が報告された。
キャノーラパンを食べていた人たちでは全粒粉のパンを食べていた人たちと比べて、HbA1cが大幅に下がったそうです。また、LDLコレステロールはどちらのパンを食べていたグループでも下がっており、これにより血管系疾患のリスクが7%減少する可能性があるそうです。
この食生活で低下したコレステロールのレベルは、スタチンを20mg飲んだのと同じくらいの状態にあたるそうです。

オリーブオイルやココナッツオイルに関する記事は多くなってきましたが、身近なキャノーラオイルが見直されてきていますね。

炭酸飲料や果汁飲料などの清涼飲料水は、世界中で問題となっている肥満の原因であると言われています。このため、いかにこのような製品の摂取を減らすかと言うことは、現代の公衆衛生に欠かせない取り組みとなっているのです。
すでに、世界のいくつかの国では、清涼飲料水に対して特別な税金を課するところが出てきており、この取り組みは、住民が減量に成功する効果が望めるといった結果が出ました。

アルコールやタバコでも、税金による消費抑制効果は出ていますが、「清涼飲料水=健康害するもの」という認識が芽生え始めている証拠ですね。カナダや日本でもいつかなるかな?

糖質制限(低炭水化物食)ダイエットとは、1日の食事の中で白飯やパン、麺類といった炭水化物の摂取量を減らすというもの。その分、脂肪や蛋白質の摂取量が増えても問題ないとする。
糖質制限ダイエットを行い「減量に成功した」「HbA1cが正常範囲に戻った」という声が聞かれる一方で、「長期的な効用は認めず、むしろ死亡リスクが有意に増加する」とのエビデンスも最近出ている。こうした賛否両論ある中、医師にアンケート調査を行ったところ、約6割の医師が「糖質制限ダイエット」を肯定していることが分かった(「どちらかと言えば支持する」の回答が43.2%)。

長期間行った場合の十分な根拠がなく、死亡リスクが上がる可能性もあるため、医療者として推奨はできないけれど、現代の食生活が炭水化物などの糖分が多い傾向を考えると、少し減らす気持ちで、やっと通常の摂取量になる気もしている。炭水化物はお皿全体の1/4くらいにとどめていますか?

33歳以降に自然妊娠で出産した女性は30歳前に出産を終えた女性よりも長生きする傾向があることが研究でわかった。
長生きするために出産を遅らせるべきだという意味ではなく、高齢で自然出産をする能力は、生殖器官の老化が遅いことを示しており、体の他の部分も同様であると考えられる可能性が高いという。

33歳以上で自然妊娠後に出産を経験されている方に朗報です!

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や他の抗うつ薬を妊娠中に使用しても、出生児の先天性心疾患リスクは上昇しないことが、研究の結果として示された。

難しい言葉が並んでいるので省略していますが、うつの薬は、妊娠の初期に服用しても胎児への影響は見られなかった、ということが研究でわかったそうです。

余分な体重を落とすと、身体の健康が改善するだけでなく、元気で幸福だと感じるようになる可能性があるという研究結果が報告された。また、睡眠時間も延びていた。
「この研究は、減量が睡眠時間の増加と関連すると報告した複数の研究を裏づけるものだ」という。

健康的なダイエットは、身体だけでなく、心にも良いことが証明された研究でですね。

  • たこと夏野菜のくわ焼き   2014/07/09 【Yomi Dr.】

たこは、高たんぱく低脂肪の食材です。コレステロールや血圧を正常に保ち、疲労回復や肝臓機能の強化に役立つタウリンも多く含んでいます。各種ビタミンを含む旬の野菜と一緒においしくいただきましょう。

カナダ人に避けられがちなタコ。タコ焼き以外ではめったにおもてなし料理として使わない食材ですが、この栄養価を伝えたら食べてくれると思いますか?

そうめん作りのコツは、①多めのお湯で、②ゆで時間は袋の表示通り、③(麺がのびないように)冷水で手早く粗熱を取る、④もみ洗いで「コシ」を出すこと
手作りのつゆにたっぷりの具材を用意すれば、来客へのすてきなおもてなしになりそうだ。胡麻ダレのレシピ付き。

夏といえばそうめん!(カナダは違うかな?)コツをおさらいしておきましょう!

← ■■ Previous ●● コラム紹介 * ≪記事一覧≫ ●● Next ■■ →

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Women’s News – May 7, 2014

風呂に入ればやせられる?ダイエット特集の真偽   2014/05/22 【Yomi Dr.】 女性向けの雑誌がダイエット特集とし…

Women’s News – Sep 17, 2014

女性ホルモンとの上手なおつきあい   2014/09/17 【Yomi Dr.】 避妊薬である低用量ピルの販売が国内で始まり、1…

Women’s News – Apr 9, 2014

BMIと年齢差からみた日本人女性の糖尿病発症リスク   2014/04/09 【ケアネット】 BMIレベルと年齢差からみた日本人…

201410/21

Women’s News – Oct 21, 2014

風邪薬で死ぬ人も…遺伝する重症薬疹   2014/10/21 【Yomi Dr.】 薬を服用すると、薬疹とよばれる皮膚のアレルギ…

Women’s News – Apr 12, 2014

ストレスで女性の妊娠能力が低下   2014/04/10 【ケアネット】 ストレスによって女性の不妊症リスクが増大する可能性が研…

Women’s News – June 17, 2014

生活習慣病予防などで討論‐穀物性繊維摂取など奨励   2014/06/17 【薬事日報】 生活習慣病の予防には、野菜よりも穀物由…

Women’s News – Sep 23, 2014

まつげがフサフサに? 国内初の薬「グラッシュビスタ」発売へ  2014/09/21 【HUFFPOST】 製品名は「グラッシュビ…

Women’s News – June 26, 2014

乳がんリスクが上がるタンパク源は?   2014/06/27 【ケアネット】 乳がんリスクへの高タンパク摂取の影響が報告されてい…

Women’s News – July 14, 2014

妊娠初期のうつ・不安へどう対処する   2014/07/14 【ケアネット】 うつ症状を有する妊娠中の女性について、妊娠初期に血…

Women’s News – July 11, 2014

果物と野菜はダイエットの特効薬ではない   2014/07/10 【ケアネット】 減量する方法として果物や野菜を多く摂るよう勧め…

ページ上部へ戻る