Event Calendar

<< 1月 2019 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

Upcoming Event

  • No Event

Member’s Points[P100=$1]


会員の方はログイン後に表示されます。
Member's pointとは?

Member’s Point Ranking

  • 1. Chie <P4520>
  • 2. Yuri Takayama <P1950>
  • 3. Sandy <P820>
  • 4. Makiko Yamashita <P610>
  • 5. Tamaki <P445>
  • 6. YukiAnthony <P350>
  • 7. Mrs.Don <P200>
  • 8. Kanako <P0>
  • 9. Megumi <P0>
  • 10. kaorihime <P0>

Instagram*Follow us!

カテゴリで検索

© All the Ms. Brights All rights reserved.

Women’s News – Sep 30, 2014

煮込み料理において、加熱温度の設定は見過ごされがちだ。オーブン料理だと「180℃ 30分」など目安の時間にこだわる人でも、煮込み料理となると「強火」「中火」「弱火」 × だいたいの加熱分数しかチェックしない。鍋にフタをする、しない、についてもわりと気にしない人が多い印象がある。
素材の加熱適性にもよって温度を調整する必要がある。

普段あまり気にしていなかった煮込み料理の温度調節。上記に気をつけてクッキングした時の味が楽しみに。

コレステロールや卵の摂取量と2型糖尿病リスクとの関連について、欧米諸国での報告は限定的で一貫性がなかった。
研究の結果、コレステロールや卵の摂取量と2型糖尿病のリスク増加との関連はみられなかった。ただし閉経後の女性では、コレステロールの摂取量が多いと2型糖尿病のリスクが低かった。

コレステロールの摂取は、高コレステロール血症には関連がありますが、糖尿病には影響が見られなかったようですね。女性はもともとコレステロールの値が男性に比べて高い傾向があるので、そこまで神経質にならず、食べ過ぎなければ卵などでしっかり栄養を摂取する方向で考えると良いですね。

乳児を対象とした検討において、早期のスキンケアが皮膚を正常化して乾燥化を防ぎ、アトピー性皮膚炎の予防につながるかを検討した。結果、定期的なオイル浴を行うことが皮膚の硬化を防ぎ、アトピー性皮膚炎の防止につながる可能性が示唆されたことを報告した。
アトピー性皮膚炎治療において、軟膏薬塗布および/またはオイル浴による皮膚バリアの改善は重要な位置を占めるが、それらが皮膚の乾燥やアトピー性皮膚炎の予防に有用なのかは明らかではなかった。

アトピー性皮膚炎に予防方法があるというのは、お母さん達にとっては嬉しいニュース。オイル浴の正しい方法を調べてみましょう!

米ワコールは「iPant」と呼ばれる商品に関して、製品に含まれるカフェインが脂肪細胞を壊し体形がスリムになるなどと宣伝していた。FTCは調査の結果、実際には科学的な裏付けがなく、明白な違法行為だと指摘した。
FTCは「服を着ただけでやせるといわれても無視するように。確実な方法は、食事制限と運動に限る」と強調している。

着ただけで痩せる服があったら、害の方が多そうな気がするのは私だけだろうか。これがマーケティングの怖さ。

  • デング熱、「症状回復したら登校可能」   2014/09/30 【CBニュース】

日本小児科学会は、保育所や幼稚園、学校を対象にした「感染症の解説」の改訂版を公表した。登園・登校の基準については、感染症の種類ごとに出席停止の目安などを提示している。例えば、昨年流行した風疹では、「発疹が消失するまで出席停止とする」と記載。約70年ぶりに日本国内での感染症例が確認されたデング熱については、「症状が回復したら登校(園)可能」としている。

再稼働に向けて安全対策が進む四国電力伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)で、放射能が漏れる重大事故に備えて、県と伊方町は、原発から5キロ圏内の住民に甲状腺被曝ひばくを抑える安定ヨウ素剤の事前配布を始めた。3歳以上13歳未満には錠剤1錠、13歳以上には2錠を渡した。

← ■■ Previous ●● コラム紹介 * ≪記事一覧≫ ●● Next ■■ →

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Health care 健康コラム

健康 それは、病気にならないとありがたみに気づかないもの。 でも、病気になってからでは遅過ぎることもあるのです。 病気や体の不調は健…

201410/21

Women’s News – Oct 21, 2014

風邪薬で死ぬ人も…遺伝する重症薬疹   2014/10/21 【Yomi Dr.】 薬を服用すると、薬疹とよばれる皮膚のアレルギ…

Women’s News – Sep 17, 2014

女性ホルモンとの上手なおつきあい   2014/09/17 【Yomi Dr.】 避妊薬である低用量ピルの販売が国内で始まり、1…

Women’s News – July 7, 2014

糖質制限…やりすぎると、逆に太りやすくなることも   2014/07/07 【Yomi Dr.】 糖質制限は、総カロリーを減らす…

Women’s News – Apr 18, 2014

人間ドックは「おみくじ感覚」で! 2014/04/18 【Yomi Dr.】 人間ドックの検査の報告書には要注意というマークが結…

Women’s News – June 24, 2014

にきび治療への有効性を比較、抗菌薬 vs ピル   2014/06/24 【ケアネット】 にきび治療における、抗菌薬と経口避妊薬…

Women’s News – May 14 2014

電車でベビーカーたたむべき?論争、国交省が決着   2014/05/14 【Yomi Dr.】  鉄道やバスなどの公共交通機関な…

Women’s News – Aug 5, 2014

トマトとバジルのスイーツシャーベット   2014/08/05 【Yomi Dr.】 トマトは医者いらずと言われるほどすばらしく…

201412/22

Women’s News – Dec 22, 2014

授乳中の患者には薬を処方できない?    2014/12/22 【日経Medical online】 授乳中のかぜで注意すべきポ…

Women’s News – Aug 11, 2014

果物・野菜の摂取量が多いほど長寿に   2014/08/11 【ケアネット】 果物や野菜の摂取量が多いほど全死因死亡リスクが低下…

ページ上部へ戻る